<< 2012年のはじまり | main | 私の題字 >>

養真選抜書展 書のデモンストレーション

 2月11日 すばらしい天気の中

貸切バスに乗り 美相の会会員と共に 小倉に向かいました

私の心は 手が震えないかな〜 書く字を忘れないかな〜 

と いろいろ いてもたってもいられませんでした。

デモンストレーションの指名をうけてから ずっと重圧がかかっていて

それが終わるまでは・・・・・・・・でした。


書く字は 卒論のテーマでもあった 与謝野晶子の歌

”夕焼の 紅の雲かぎりなく 乱るる中の 美しき月”

私の大好きな歌です。

書く時の音楽は サテンの夜(ムーディ・ブルース)

美相の会顧問 ミュージックシティーの高本さんに選曲してもらい

その音楽が流れだすと、もう無の世界。

私の前の紙しか見えませんでした。













あがらずに書けました。

書と音楽が一体となって 何か物語の世界にひきこまれそうで.....

感動した!!と皆が言ってくれました。

やっと肩の荷が下りましたよ。


応援に来てくれた、日田、別府、福岡教室のみんな

ありがとう!!

あなたたちの ささえで 書けたような気がします

これからも一歩ずつ 前進 一緒にがんばって行きましょう。

本当にありがとう!!

at 20:48, 藤井美相, イベントの報告

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://fujii-bisou.jugem.jp/trackback/27